魔王の宮殿

宮古島には数多くのダイビングスポットが存在しますが、中でも有名なスポットが「魔王の宮殿」です。宮古島3大ポイントの1つであるともいわれています。魔王の宮殿という名前は狭くて暗い通路、その通路を抜けると大きな広間に出るというところからつけられたと言われています。1度聞いたら忘れられないような特徴的な名前と地形をしています。この変わった名前に惹かれこのスポットに行ってみたいと思う方も多いのではないでしょうか?

魔王の宮殿は宮古島からボートで30分ほどの下地島西側にあり、中級者~上級者の方向けのスポットとなっています。名前を聞くと少し怖い印象を受けるかもしれませんが、実際は美しい空間が広がる絶景のスポットです。

まずは少し狭いリーフの亀裂から侵入し、そこから魔王の宮殿の核心部を目指します。途中に水中ライトがないと何も見えない真っ暗な所を通ったりしますので、少し怖く感じるかもしれませんが、そこを抜ければ天井からきらきら光が差し込む美しい部屋にたどり着くことが出来ます。ここでしか見ることの出来ない神秘的な景色を楽しむことが出来るでしょう。

また、宮殿内にはデビルフィッシュなどの魚達が住んでいますので、天井から差し込むブルーの光と魚達が泳ぐ光景、空気の泡は何とも言えないほど美しいです。

ケーブダイビングの醍醐味を思う存分楽しむことの出来るスポットです。比較的上級者向けのスポットですが、ダイビングの経験がそれなりにあるという方にはぜひ挑戦して頂きたいスポットの1つです。

ページのトップへ戻る