1年中楽しめる

宮古島以外でも沖縄であれば年間を通してダイビングを楽しめることが多いですが、宮古島は年間の平均気温が23度と言われていて、1年を通して非常に穏やかな気候です。これも大きな魅力の1つで1年中過ごしやすい暖かな気候であることが多いのです。そのため、基本的にはいつの時期でもダイビングを楽しむことが出来ます。まさに南国リゾートですね。

1年の平均気温は23度で冬は気温が15度以下になることもありますが、海の水温は21度以下になったことがないと言われています。そのため、冬であってもダイビングを楽しむことが出来るのです。外が寒い分水中に入った時海が温かく感じて逆に気持ち良いかもしれません。

ダイビングというとマリンスポーツというイメージがありますが、宮古島ダイビングであれば冬の時期でもダイビングを行うことが出来ますので、時期を選びません。冬にしかまとまった休みが取れないという方でもダイビングを楽しむことが出来ます。例年は昼間30度を超えていることが多く、水温も28~30度が平均ですので、ウエットスーツで気軽に行うことが出来ます。

特に秋~冬にかけては海の透明度が非常に高くなりますので、温泉のように温かく感じる水温に美しい海中日本で1番美しいと言われている沖縄の海の中でも特に美しい海を持つのが宮古島なのです。沖縄のどこでダイビングを楽しみたいかをダイバーの人に質問したら「宮古島」と答える人が多いのはこのためかもしれません。

どの時期でもダイビングを楽しむことが出来るというのは非常に魅力的ですし、いついっても美しい海が待ってくれているというのはダイバーの方には非常に嬉しいことですよね。

ページのトップへ戻る